運動

運動中性脂肪を下げるには、生活習慣を見直して運動をするのが一番です。女性でしたら家事をするときに、ダラダラ動かずに、背筋を伸ばしてキビキビと動くだけでも違います。体を動かすということは、健康への第一歩なのです。では、なぜ運動すると中性脂肪が減少するのでしょうか。適度な運動は、アドレナリンやノルアドレナリンを上昇させ、インスリン濃度を低くしたり、筋肉の中でリパーゼが活性化し、中性脂肪を減らすことができます。運動することで、内臓脂肪を優先的にエネルギーに変えて使うことができます。

毎日コツコツと

運動は毎日コツコツと続けることが基本です。改まって運動をするというのが難しい人は、日常生活の中に運動を取り入れましょう。駅やバス停まで早歩きをしたり、エレベーターやエスカレーターを使わずに階段を使ったり、こまめに体を動かすといいですよ。自宅に階段がある人は、アップダウン運動とゆう手もあります。

有酸素運動を

中性脂肪を減らすのに効果があるのは有酸素運動です。酸素を取り入れながら長時間続けられるものにします。できれば20〜30分継続して行えるものにしましょう。 運動をしているときに使われるエネルギーは、筋肉の中にあるグリコーゲン、糖質、脂肪の順番に使われていきます。そのため、短時間で終わる無酸素運動では、脂肪が燃焼されるまでいかないのです。20〜30分行える有酸素運動でしたら、脂肪が燃焼されるまでしっかりと行うことができるのです。

運動強度

20〜30分の有酸素運動が効果的だからと言って、無理をして行うのはいけません。同じ長さの運動をしても、その内容に無理があっては意味がありません。運動を始める前に脈拍を測っておきます。そして、運動後の脈拍が、始める前より20%程度上がっているくらいがちょうどいいでしょう。

オススメはウォーキング

有酸素運動はジョギングやサイクリング、エアロビクス、水泳など数多くありますが、手軽に始められるものとして、オススメなのがウォーキングです。ウォーキングといえども最初はやはりキツイので、徐々に歩数を伸ばして行くといいでしょう。歩数計をつけて歩くことをオススメします。背筋を伸ばし、リズミカルに腕を振って歩きましょう。ウォーキングの効果として、以下のものが挙げられます。

生活習慣病の予防や改善(肥満、高中性脂肪血症、高コレステロール血症、高血圧、糖尿病、動脈硬化等)


  • ● 筋肉が鍛えられることによる新陳代謝のアップ。
  • ● 骨や足腰を上部にする
  • ● 疲れにくい体になる。
  • ● ストレス解消になる
  • ● 他の運動と違い、ケガの心配が殆どない。
  • ● 一人でできてお金がかからない。